top of page
検索
  • tfc082

士、師、司・・・?

地元の広報誌にて、10名程の小学生が

将来の夢を語るコーナーがあり、毎回

様々な職業を画用紙いっぱいの元気な

文字で発表してくれています。

整備士、獣医師、薬剤師・・・。


ここで、ふと疑問に感じました。

士と師の使い分けってどうなってるん

だろう・・・?

教育出版さんの言葉のてびきによると、

「士」は成年の男子、役人の意味

転じて、学問や教養のある人、さむら

いをいい、称号や職業名(騎士、武士等)

につけたそうです。

この用い方に由来して、国家試験等に

より取得できる、税理士、社会保険労

務士等の資格の名称にも用いられるよ

うになったとのこと。

「師」は多くの人々、いくさの意味

転じて、教え導くものをいうようにな

り、技術者や専門家(技師、教師等)を

示すそうです。

このような用い方に由来し、一定の職

業に就く資格の名称(医師、薬剤師等)

に用いられています。

ちなみに、同じ読みの「司」はというと、

字訓の“つかさどる”=役所や公の仕

事を取扱う人を意味し、宮司、祭司等

の言葉が生まれたそうです。


この用い方の延長として、児童福祉司、

保護司等の公務員4職種に使用されて

いるとのこと。

〇〇福祉士とはまた別なのですね・・・。

読み方は同じですが、それぞれ違う意

味や由来があり、日本語の難しさと面

白さを改めて感じました。


迷った時は、言葉の意味を考えてみる

ことにします。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

3連休

bottom of page