検索
  • tfc082

宝くじ


9月2日は 「9=ク」 「2=ジ」と言う語

呂合わせで、毎年9月2日が宝くじの

日と呼ばれることに歴史的な物は何

もないが、1967年(昭和42年)に宝く

じの発売元の第一勧業銀行が制定

した。

宝くじは1等賞金も徐々に引き上げ

られているが、引き替え期日を過ぎ

ても取りに来ないで時効になってし

まう物もかなり多い。

その時効合計金額は毎年200億円

前後にもなると言う。

そこでそんな事の無いように時効防

止キャンペーンとして第一勧業銀行

が制定したのが、9月2日の宝くじの

日と言う事になる。

それでも時効になってしまう宝くじは

多い、そこで昭和48年(1973年)から、

宝くじの日:9月2日にはずれた宝く

じからもう一度当選者を選ぶ「おたの

しみ抽選会」をすることになった。

その当選金額は本来のように高価な

物ではないが、それでも外れた宝くじ

にもう一度夢が託せるというのはうれ

しい話。

・・・ その為にもちゃんとハズレくじを

保管しておいて、9月3日の新聞 を

チェックしましょう。

宝くじを購入して当せんすると、大金

を手にする場合があります。 一度に

大きな収入があると、納める税金も高

くなるのではないか

と心配になるかもしれません。しかし、

宝くじの当せん金は「非課税」となって

いるので安心です。

宝くじに関しては「当せん金付証票法

(とうせんきんつきしょうひょうほう)」 と

いう法律(通称、宝くじ法)で定められ

ています。このなかの第13条に「当せ

ん金品については、所得税を課さな

い」と記されているのが確認できます。

ちなみに、宝くじを購入するとき、 数

人でお金を出し合って共同購入する

という場合もあると思います。

代表として1人が当せん金を受け取る

と、共同購入した仲間に当せん金 を

分配した際に贈与税がかかってしま

います。

これを防ぐ対策として、共同購入した

人全員で、当せん金を受け取りにい

きます。銀行が発行する「宝くじ当せ

ん証明書」に各自が受け取る金額を

記載してもらうと、それぞれが宝くじ

の当せん金として受け取れるのです。

贈与されたお金ではなく宝くじの当

せん金になるため、税金はかからな

いということになります。

とは言え、高額当選は、夢のまた夢

で終わりそうですね・・・

豆知識として、ご活用いただければ

幸いです。





20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示