top of page
検索
  • tfc082

明日は春分の日です

春分の日の由来はご存じでしょうか?


日本の宮中祭祀のひとつである「春季

皇霊祭(しゅんきこうれいさい)」が

由来とされています。


春季皇霊祭は平安時代に始まったとさ

れ、当日は、天皇をはじめとする皇族

や神職が参加し、儀式が行われます。


また昔は、一般の人々も神社や家の神

棚でお祭りを行い、先祖を敬い、感謝

する風習があったようです。

こうした習わしから、春分の日を宮中

祭祀の重要な日と位置づけるようにな

ったとされています。


なぜ、

春分の日は祝日なのでしょうか?

夏至や冬至は祝日ではないのに、「春

分の日」と「秋分の日」はなぜ祝日な

のでしょうか。


それは、日本の歴史が大きく関係して

います。


日本では昔から、春分の日や秋分の日

に「宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)」

が執り行われてきました。

宮中祭祀とは、天皇皇后両陛下が国民

の幸せを祈って行われるのことを言い

ます。


春分には前述の「春季皇霊祭」、秋分

には「秋季皇霊祭」が行われてきた時

代的背景から、夏至や冬至と異なり、

国民の祝日として制定されたと言われ

ています。


何気ない祝日、由来を探ってみると奥

が深いですね。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

試験

Comments


bottom of page