top of page
検索
  • tfc082

たぬきさん、こんちは!

先日、この春仕事でヨーロッパに赴任

する友人と益子へ遊びに行きました。


風情ある街並みを楽しみつつ、目に飛

び込んできたのは、巨大な焼き物のタ

ヌキ。

焼き物のタヌキといえば信楽焼が有名

ですが、益子焼でもあるんだ!

可愛い!

とここでもっと可愛い友人の娘ちゃん

エピソード。

2 歳の娘ちゃん、友人の実家玄関にあ

るタヌキに、

「たぬきさん、こんちは!」

と必ず挨拶してから家に入るとのこと

可愛すぎるので、その習慣は赴任先で

も続けてほしい、タヌキと一緒にヨー

ロッパへ行ってくれと話していた時、

ふと“海外にタヌキは生息しているの

か?”という疑問が沸き。

すぐさま調べてみると、どうやらタヌ

キは日本固有の種という学術発表もあ

り、元来極東にしか生息しない非常に

珍しい生物とのこと。

ヨーロッパではドラゴン並みの架空生

物として扱われ、見た目の表現に大層

苦労するとか。

これは知らなんだ!

と 2人で盛り上がり、赴任先の大家さ

んへの手土産が焼き物のタヌキに決定

することに。

娘ちゃんのこんちは用タヌキは検討中

のようですが、後日 2人でタヌキを買

いに行こうという話になりましたので

私も我が家に一匹迎え入れる予定です。

ちなみに、現在のタヌキの生息域はヨ

ーロッパまで拡大しているそうですが、

旧ソビエト連邦が毛皮用として持ち込

み、逃げ出した個体が徐々に拡大した

という背景があるようです。


外来種としてのタヌキがもたらす悪影

響は懸念されますが、焼き物のタヌキ

が友人の海外生活に良い影響をもたら

してくれることを切に願っています。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page