Aカラー.jpg

​税理士法人  和敬会 
​      下妻事務所

tptel.png
花の茂み

生前対策

​早めの生前対策がオススメ

安心した老後や相続をむかえるためには、元気なうちに対策をしておくことがとても重要になります。

​大切な資産を残す方の想いやお考えをお伺いしたうえで、総合的なお手伝いをさせて頂きます。

エクステンデッド・ファミリー

​生前対策一覧

相続財産の把握
相続財産の把握

相続財産の把握

press to zoom
生前贈与
生前贈与

生前贈与

press to zoom
資産の組替え
資産の組替え

資産の組替え

press to zoom
遺言書作成
遺言書作成

遺言書作成

press to zoom
生命保険
生命保険

生命保険

press to zoom

相続財産の把握と試算

まずはお客様自身の相続財産を把握する必要があります。 全体的にプラス財産(不動産・預貯金・有価証券など)やマイナス財産(借入金・未払金など)がいくらあるのか算出をし把握をさせて頂きます。

シュミレーションを行い、相続税額がいくらになるのか試算をし、節税対策などの対策ができるのか​考察を進めます。

 

生前贈与、贈与税の非課税特例を適用

生前贈与とは、将来被相続人となる方が相続人などに対し、生前から贈与を行っておくことで

す。

被相続人が亡くなる前に子供や孫に財産を分け与えておけば、相続発生時の遺産額に対して

​課税されるので、負担が小さくなります。

​一定額以上の生前贈与をした場合は贈与税が課税されます。一定の非課税枠である1年間で110万円までであれば、非課税で贈与をおこなうことが可能です。

 

資産の組替え

現金で賃貸住宅を取得した場合、相続時の評価額を大幅に下げることできるなど、不動産の場合は評価額が変わります。

また、市場価格や収益性の低い不動産を処分し現金化しておくことで、納税資金や遺産分割​などの対策にもなります。

 

​公正証書遺言書の作成

円満に相続を進めるためには、未然にトラブルを防ぐ必要があります。

その為には、事前に遺言書を作成することをおすすめします。

遺言書の中でも、公正証書遺言書は最も安全かつ確実な方式と言えます。公正証書遺言書とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。法的に不備のない内容の遺言を作成​する事ができます。

 

​生命保険の活用

遺族の受け取る生命保険に対して一定の非課税枠があります。相続人一人あたり500万円非課税枠があり、現金のまま相続するより大きな節税が望めます。


​当事務所では、保険会社と協力し相続対策に最適な保険のご紹介も致します。

 

​初回相談無料 お気軽にお問い合わせ下さい

tptel.png

​お問い合わせ

Aカラー.jpg

税理士法人 和敬会 筑西事務所/下妻事務所

​株 式 会 社 和敬会

〒304-0032 茨城県下妻市比毛 42番地1 大盛ビル1F